>

先の例に基づいて、具体的かつ効果的な風評被害対策を考えていく

個人でできる対策を考えよう

個人でできる対策としては、まずは個人単位で信用できる人に相談して、風評被害に踊らされずに、自分自身や被害対象を信じてくれる人を地道に増やしていくことが大事です。
風評被害もあくまで「噂の一種」ですから、ある程度期間が経つと、根拠も風評に従わずに行動しても被害が生じないために、消えていきます。
もちろん、信じてもらうというだけでは被害はおさえられませんので、法的機関に相談をすることも並行して行うことが大事になります。
風評被害で大事なことは「科学的根拠を述べ続けても人はそう簡単にイメージを変えない」ということです。
「根拠の反証」「風評を信じることの無意味さ」「被害がないとアピールする」ことが大事です。

法人、組織における風評被害対策とは

法人、組織の場合、風評被害のスケール、特に金銭的なダメージは計り知れないものがあります。
また、インターネットが発達した現代においては、風評被害を食い止めること自体が非常に困難です。
法人、組織の場合においても、先に挙げた「その風評が並べ立てている根拠を反証していく」「その風評を信じることの無意味さを説明する」「風評に従わなくても何にも被害がない事をアピールする」という方針に変わりはありませんが、常日頃から社内のデータや情報の整理を心がけ、いざという時に、直ちにデータを社会に開示できる体制を整えておくことも重要です。
また、そうしたデータの開示および風評被害に冷静に対応できるチームを編成しておくこと、それらチームに法律顧問を付けること、更に、社員には日々情報管理やSNS操作時の注意を徹底しておくことも大事です。